トーキング・ヘッズ『ネイキッド』 — 未知なるトランスを夢に求めて#9


'Naked' Talking Heads
『ネイキッド』 トーキング・ヘッズ


過去に1度、この「未知なるトランスを夢に求めて」シリーズの、トーキング・ヘッズ「Born Under Punches(The Heat Goes On)」 — 未知なるトランスを夢に求めて#3で採りあげた際に述べたように、そしてそれ以降も折に触れ何度か言及しているように、私にとってのトーキング・ヘッズの最高峰・最高到達点は8枚目にしてラスト・アルバムとなったこの『ネイキッド』であり、同時にそれは、ジャンルを問わず幅広く遍在するトランス・ミュージックの内でもとびっきりユニークに頭と心に訴えてくる他では替えの効かない不倒のトランス・ミュージック大横綱でもある。












 プライバシー ポリシー

コメント

プロファイル
eakum の音楽レヴュー
Author:eakum
スポンサード リンク






アーカイヴ

全過去記事のタイトル一覧