始まる前からオワコンな「はてなブログ」がそれでも気になるヒトへ


世間?の関心だけは集めている「はてなブログ」だが、未だβテスト中のため実際のところはどうなのよ、という非はてなーの方々も多くいるだろう。
ワタシは別に株式会社はてなのアンチでも、はてなブログのアンチでもないが、非はてなユーザではてなブログに興味があるというヒトのために「わざわざ関心を示すほどの価値もないよ」ということをこのエントリでカンタンに示しておこう。
ついでながらワタシのはてなブログへのリンクも貼っておくので、人間の目で見てソースを見て、で自分でいろいろ確認してもらうのもいい。
eakumのはてブロ



細かい「事実」、単なる事実に過ぎない、情報といえない情報をわざわざ調べて間違いのない記述にしようというシュミはワタシにはないので、以下は独断的、包括的、プラグマティックな言説になる。
事実に興味のあるヒトは適宜ググるなり、はてなハイクはてなブログに招待して欲しい人集まれ!に投稿してはてなブログを実際使ってみるなりで徹底的に検証してみればいい。
(知らないヒトもいるだろうが、はてなのアカウントはメールアドレスだけで造作もなく取れ、各サーヴィスを実際に「使う」ことでその瞬間から自動的にそのサーヴィスのユーザになれる)



ひとつの大きな「売り」であるはずの「見たまま編集モード」は実に使えない。
ここで「見たまま」と言ってるのは、どっちかというと「情弱」な、「ブログっていろいろ難しいね」みたいなヒトが「ウェブ上の日記」をつけるだけの用途に欲しがるような見た目の要素にかかわるものでしかない。
二度と使う気がしないのでその後いちいち検証はしていないが、このモードでamazonの商品リンクを貼ってみたり、a hrefタグを使ってみたりすればその使えなさは十分に知れる。

同じく「HTML編集モード」もまた使えない。
pタグの強制自動挿入をはじめとして、あまりにアホなのだ。
「見たまま」とほぼ同じな、余計なお世話が多いクセにこちらの意図するところをニュートラルに反映しない、という使えなさで上と五十歩百歩である。
たとえばFC2ブログの記事編集ウィンドウで当り前に各種HTMLタグ/コードを使ってるヒトなら、その使えなさが即座に分かるはずだ。

結果的に消去法的に選ぶべきは、「はてな記法モード」をはてな記法を使わずに使う、という手だ。
「はてな記法」なんてものははてなー以外には何の役にも立たないものだが、このモードだと各種HTMLタグがほぼ問題なく使える。
各種の反映が比較的ニュートラルだ。
FC2ブログを使ってるヒトならこれが必要最低限を満たすデフォな選択肢になるだろう。



さて、「記事を書く」という点が以上で解決したとしても、デザイン/機能のカスタマイズ/拡張性という問題が山積みだ。
あくまで現在のところはクローズド・βテスト中でフィードバックにより進化する、という言説を信じるにしても、あまりにも何もなさすぎるのだ。
ブログというものをどう捉え、どういう付き合い方・利用のし方をするにせよ、個別記事へのリンク、月別・カテゴリ別のナヴィゲーション、アクセス・カウンタ等さえないブログ ― そんなブログ・サーヴィスをあなたは利用しようと思うだろうか?
友人知人のものであれ、検索でたどり着いたものであれ、ひたすら「次のページ」「次のページ」で五里霧中のまま遡って読むことしかできない ― そんなブログをあなたは読みたいと思うだろうか?
「まあまあまあまあ、eakumさん、あくまでβテスト中ですよ、フィードバックで要望の多いものには対応していくと断ってるじゃないですかハハハ」みたいな言説は反論になり得ない。
これからどう機能が追加されていこうと、現時点のはてなブログには確実に、はてな側の美しく弱き体質、でなければさもしくズレた体質が現れているからだ...



...
と、ここに至って、どうやらこの程度の分量では語りたい/語るべきことの半分も語れないことに気付いた。
回を改めて、また違ったトピックからももう少しはてなブログのダメさ加減、不要さ加減を語ってみよう。
再び断っておけば、ワタシははてなブログを潰したい/潰れてほしいなどと思っているワケではけっしてない。
むしろ、この2011/2012年にリリースされるにふさわしい素晴らしいブログ・サーヴィスに進化してほしいと思っているのだ。
願わくばわが号泣(さけび)の声の御前に至らんことを。


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ  
にほんブログ村




 プライバシー ポリシー

コメント

プロファイル
eakum の音楽レヴュー
Author:eakum
スポンサード リンク






アーカイヴ

全過去記事のタイトル一覧