日本ではあまりにも過小評価なマッドネスを十分に語っておこうか


'One Step Beyond...' Madness
『ワン・ステップ・ビヨンド』 マッドネス


バンドのメンバーの全て、もしくはほとんど全てがソングライターであるバンドといえば、そう名前が挙がるわけではないが印象深いバンドとしてマッドネスがある。クレジット上の、つまりは印税分配上の配慮/合意の結果であるにせよ、マッドネスは常に全メンバーの順列組み合わせで「ソングライティング」を分け合っていた。



同期の他のいわゆる「2トーン勢」「スカ・リヴァイヴァル勢」とはちがって、マッドネスはその初期から、この1st.アルバム『ワン・ステップ・ビヨンド』の時期から、スカ/レゲエ/ダブのバンドというよりはスカ/ロック・ステディ/ブリティッシュR&B/ブリティッシュ・ポップ/パブ・ロック/ロックンロールのバンドであり、そのゴッタ煮感とパーティー性、そしてそれにも増して実は相当に深いポリリズミックな演奏アプローチ/役割分担/バンド文体に魅力を持つバンドだった。



ザ・キンクスに代表されるイギリス精神のロック/ポップ表現の継承者としてのマッドネスも、同等に、もしくはそれ以上に魅力的なのだが、それはおいおい折りにふれ触れていくことにしよう。殊に日本では「ロック・バンド」としてあまりに不当に評価の低いマッドネスの魅力を、まずは主にリズム・パフォーマンスの点から語ることがこのエントリのタスクとなる。



日本のわれわれは「ワン・ステップ・ビヨンド」と「マイ・ガール」の局地的にせよ華々しいヒットでマッドネスを知ることになった(『ポップ・タウン・エクスプレス』のDJ:小林克也氏に栄えあれ!)。キャバレー音楽を想わせる下世話でキテレツで強力な「One Step Beyond」。うってかわって、ユーモラスで愁いを帯びた王道ブリティッシュ・ポップネスのバック・グラウンドを確かに感じさせるユニークな名曲「My Girl」。当時すでにザ・ストラングラーズやザ・ジャムに夢中だった私を、パンクとは一見ほど遠いこの2曲が、そして続くアルバムが軽々と魅了したのは、何よりそのリズム/グルーヴのゴージャスさゆえであったろう。パンク/NW革命とは結局リズム革命だったのだ、とご同輩なら思い思いに述懐できることだろう。



さて、アルバム収録曲を適宜詳解し、その見過ごされがちな魅力の元を探ってみよう。リズム中毒グルーヴ・メイカーとしてのマッドネスの1st.は、いまどきの凡百のロック・バンドの捨て石だらけの凡作アルバム5枚分以上の価値を悠に持つ。いまやヴィンテージな追体験対象になろうが、同時期のパンク/NWを聴こうという人ならこのアルバムを聴いてけっして損はない。

1. One Step Beyond
作曲者「キャンベル」ことジャマイカのスカ・ミュージシャン:プリンス・バスターのカヴァー。比較的ストレートで芸のない8ビート、刻みのおおらかな緩いドラムにウォーキング・パターンのこれまたフツーのベース。だが執拗に「何もそこまで」と言いたくなるほどに、ンチャンチャ/スチャーチャのスカ風味がギター、オルガン、ホーン、ヴォイス・パーカッションで上乗せされている。ギタリスト/ヴォーカリストでソングライターであるリーダーがバンドの音楽性を7、8割がた支配する多くのロック/パンクの優良バンドに比して、全員がひとつの豪勢なグルーヴのために小分けなリズム・プレイで奉仕する ― そんなマッドネスの姿勢にスター・システムの放棄が見える、とまで言っては言い過ぎだろうか。

2. My Girl
キーボードのマイク・バーソン作。その一聴して分かる特異なリズム・アクセントでバンドのコアでディープなリズム文体を早くも覗かせる傑作ヒット曲。エイト刻みのハイ・ハットにもかかわらず、ここに「フツーの8ビート」はもはや感じられない。目立つバス・ドラムとベースの連携のみならず、ギター、ピアノ、サックスのリズム/バッキング・ワークにも注目してほしい。アメリカ > ジャマイカ > イギリス経由の複雑で同時多発的なリズム認識の変化が白人バンド:マッドネスに独自のファンクネスを獲得させたことを如実に示す好例だ。もちろん、マッカートニー/ザ・キンクス的なブリティッシュ・ポップ特有のミュージック・ホール調の名ポップ・ソングとしてのみでも聴く価値大。



続きは次回エントリにしよう。書くべきテキストの分量はまだまだあるのだから。





にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ  
にほんブログ村




 プライバシー ポリシー

コメント

プロファイル
eakum の音楽レヴュー
Author:eakum
スポンサード リンク






アーカイヴ

全過去記事のタイトル一覧